スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市井紗耶香が映画にでるって

話題の人より、演技力のある人を採用してください。

出演者は他に加藤夏希さん、つぶやきシローさん、高田宏太郎さん、大杉蓮さん、
山本未來さん、高嶋政宏さんが出演します。

今回の映画の舞台は青森、東京、北京と広範囲にわたるロケを予定しており、
県民のエキストラ約100人が撮影に参加する予定だそうです。

映画の重要な舞台となる青森の県庁で12日に主演の市井さん他、
ルー、八千草さん、子役を演じる大森絢音さん、メガホンを取った香取秀之監督が
登壇し制作発表会見が行われました。

休暇は焼肉通販で楽しんだとか。


八千草薫さんはこの作品が東日本大震災の復興支援もテーマにあげている事にふれ、
「被災地とつながる仕事にもなるので、頑張りたい」とコメントしているそうです。

日中友好という関係になってもう20年というべきか、
まだ20年というべきか感想に迷いますが、微妙な問題も抱える今、
この映画が何かの架け橋になってくれるといいですね。

公開は2012年春、日中両国での公開を予定しています。

元モーニグ娘。の市井紗耶香さんが日中合作映画『明日に架ける愛(仮題)』で
主演を務める事が分かりました。
この映画は日中友好40周年記念作品として制作されるもので、
市井さんは八千草薫さん演じる中国残留日本人孤児である祖母をもつ、
子持ちの女性デザイナーを演じ、中国出身の俳優アレックス・ルー演じる中国人男性と
恋に落ちる模様を描いた作品だそうです。

屋外の撮影にはESSのゴーグル使うのかな。

元モー娘・市井紗耶香が日中合作映画に主演!子持ちの女性デザイナー役で中国人男性との恋愛模様描く
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110518-00000005-flix-movi

なんでもいいですが、たぶん見ないと思います。
スポンサーサイト

国家公務員のボーナス減、しゃーないよね

日本は公務員が多すぎると思いませんか?

だってひどい話ですが、正社員でもボーナスもらっていないか、
あってもスズメの涙ほど、って会社いっぱいあるようですよ!
わたしが以前勤めていた会社は堅調だったのでけっこう
ボーナスはいい方でしたが、薬局事務など個人経営の会社に
勤務していると有休使うと月給から差し引かれたりと、
めちゃくちゃなことをしているケースもあるようです。
現に周りにそういう人いますから。

民間では、昨年冬のボーナス支給額が前年を大幅に下回っており、
今夏は昨夏よりプラスとなることを加味しても、
年間4.0カ月の水準には満たない見通しとのこと、
それで税金で食べている公務員がそれよりボーナス多くもらっていたら、
大きい顔は出来ませんよね・・・この引き下げ方針は
至極当然かと思います。

徳島県の素朴な魅力を日々お伝え♪しますが、公務員はたくさんです。


それに引き換え、税金で安定した収入を得られている
公務員及び国会議員の方たちは優遇されすぎではないでしょうか、
この財政赤字だというのに何億もかけて議員会館を新しく作るわ・・・
はぁ?と首をかしげることばかり。

毎日残業のないひとりごとブログの管理人です。

ボーナス、4カ月割れへ=国家公務員、47年ぶり低水準―人事院
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100722-00000112-jij-pol

給料もFX業者マニアだったらいいのにね。

人事院は22日、8月初旬に行う2010年の国家公務員給与改定勧告で、
期末・勤勉手当(ボーナス)を現行の年間4.15カ月から
引き下げる方針を固めたそうです。
支給月数は1963年(3.9カ月)以来、47年ぶりに4カ月割れとなる見通しで、
月給も公務員の給与水準が民間をわずかに上回っているもようで、
月給、ボーナスともに2年連続のマイナス改定となる公算だとか。

しかたがないですよね、日本は赤字なんだから

映画『東京島』が完成したそうです。

ベストセラー小説の映画化は演出や脚本家によりますね。

鹿児島県の沖永良部島、徳之島などで約40日間行われた撮影では
「岩場を登って移動したり、とにかくタフさが要求された」
と木村さんは語っているとのこと。
木村さん流の清子、見てみたい気もします。
窪塚さんの写真を見て、ああ、あの人の役だな、とすぐにピンときました。
彼の場合は、けっこうハマり役かも。

“東京島”と名づけられた無人島を舞台に、島でたった一人の
女性・清子(木村)と彼女を取り巻く23人の男たち
(窪塚、福士ら)が緊迫の心理戦を繰り広げる異色サバイバル作。

女優さんなんかはバストアップをしているんじゃないでしょうか。


なーんと!わたし先日、この小説読み終わったばかり。
映画化されるとは・・・。
しかしながら、清子役が木村多江さんとは、
小説の中の清子とあまりにイメージが違いすぎて
どうなんだろう?といった感じ。
映画と小説を別物として考えればいいのでしょうが、
つい原作と比べてしまう、わたしの悪い癖。
今まで見た中で、原作を超えた作品といったら、
東野圭吾さん原作の「手紙」くらいかなー。

羽毛布団も映画の中に出てきます。


直木賞作家・桐野夏生のベストセラー小説を映画化した
『東京島』(篠崎誠監督)の完成記者会見が7日に、
東京・銀座のメゾンエルメスで行われ、主演を務める木村多江と、
共演の窪塚洋介、福士誠治が撮影での苦労を振り返ったそうです。

木村さんはシンプルスモーカーが似合いそうですね。


木村多江、映画『東京島』の撮影で「新しい自分に出会えた」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000002-piaeiga-movi

邦画も最近ほんとうに面白くなってきました。

ブーティの人気

ブーティの人気

ショップ店頭に秋物が揃いはじめましたね。とくにこの秋、一大トレンドとして世界中のおしゃれな人達がまず一番に購入しているブーティーに注目です。手持ちワードローブを活躍させながらいち早く秋気分を楽しむために、秋のショッピング計画はバッグ&靴などの小物アイテムからスタートしてみては…。

ブーティを履こう!

抜け毛・薄毛~髪の毛が薄くならない 対策シャンプー&リンス・トリートメント

抜け毛・薄毛~髪の毛が薄くならない 対策シャンプー&リンス・トリートメントのサイトが意外とおもしろかったので、リンクします。

シャンプーにもこんなに種類があるなんて…意外でしたね。
リンスやトリートメントも特集してほしいです。

抜け毛・薄毛~髪の毛が薄くならない 対策シャンプー&リンス・トリートメント
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。