スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

干ばつに苦しむウィリアム君は考えた

マライ族にはリゲインをあげましょ。

東アフリカのマラウイは長年干ばつに苦しめられてきたそうです。
そこの赤土の大地はひび割れ、畑には作物が一つも結ぶことなく枯れ果て、
ただ風だけが吹き抜ける厳しい環境にありました。

この風をなんとか利用して村に電気を起こせれば・・・。
と思い立った少年がいました。
彼の名はウィリアム・カムクワンバ君です。
ウィリアム君は首都のリロングウェ北郊の村で育ち、
02年に起きた干ばつで父親が職を失ったため、
学校を辞めなくてはいけなくなりました。

そして学校へ行けない時間は図書館へ通い詰めていたそうです。
そしてそこで風力発電の事について知る事になります。

あとついでに電子タバコも作ってみればいいのに。

マラウイの少年、独学で風力発電に成功 7年かけ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091010-00000000-cnn-int

ここでまず「誰かが作った」のだから、
自分にも作れるはずと思える所が凄い所です。
不屈のハングリー精神が自然に備わっている事に私は感動しました。

今の日本にはこんなハングリー精神を持った少年はいないでしょう。
お金を出せば何でも買えるような恵まれた国に生まれてきて、
本当に幸せなんだなと気付ける子供が何人いるでしょう。

いろいろ研究をして朝までクールをたくさん使ったことでしょうね。

ついにウィリアム君は7年の歳月をかけて5台もの風車を作ったそうです。
信じる者は救われる、とはウィリアム君みたいなこの事を言うのでしょう。

参考:焼肉通販

風力発電でみんなめでたしだよね。
スポンサーサイト

沖縄のルールはルールです。

ルールを守ってもらわないと困りますね。

沖縄の西表島で父親と見られる男性と女児2人を乗せたカヌーが
寄港予定の港に戻っていないと連絡を受けた石垣海上保安部が
巡視艇などを出動させて捜索していたそうですが、
その時点で行方が分からず心配されていました。

しかも、このカヌーは特別仕様で敷きパッドが使われています。

その後の調べでこの親子は
無事に宿泊先の宿に戻っている事が分かりました。

「カヌー不明」騒ぎの親子、宿に戻ってた…沖縄
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091013-00000076-yom-soci

だた黙って宿に帰っていた事に
疑問を感じる人もいたのではないでしょうか。
もちろん本人たちはこんなに騒ぎになっているとは
知る由もないわけで、何の罪もないわけですが
カヌーが浸水した時にお世話になった人との約束を守っていれば
(白浜港に借りていたポンプを返す約束をしたようです。)
こんなに騒ぎにもならなかったでしょうね。

いくら沖縄といっても大自然の中での電子タバコは禁止されています。

ポンプが約束の場所に帰っていない為、
三人がもしかしたら帰港していないかもしれない、と思うのは
誰でもが考える事だと思うのです。

参考:朝までクール

ただカヌーが浸水してやっと港へ帰ってきた父親の気持ちも
分からないでもないですね。
とりあえず早く宿に帰りたい、と考えたのかもしれませんし。

とにかく三人の無事が確認できて良かったです。


ほんとに迷惑料を貰わないとね。

テーマ : ごはん日記(写真付き)
ジャンル : 日記

踊る大緑風荘これからどうなる

座敷わらしは幸運を呼びこむんですね。

岩手県二戸市金田一長川にある旅館「緑風荘」から、
4日午後8時25分頃出火していると近所の住民から119番通報がありました。

そういえば座敷わらしは妖怪ですが、この前本屋に行ったらFX情報商材ならと妖怪の方がベスト3に入っていました。

木造2階建ての建物が全焼したそうです。
その旅館は全国的にも有名な旅館でした。
そこには昔から「座敷わらし」が出るという触れ込みで有名な旅館だったのです。

そうだ、全損したんだから出産手当金を使って立て直せばいいじゃないかね。

出火当時、旅館には21人の宿泊客と9人の従業員がいたそうです。
ですが全員逃げ出していて無事でした。


「座敷わらし」老舗旅館全焼=宿泊客ら全員無事-岩手
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091005-00000003-jij-soci

気になる出火原因ですが、出火した場所は浴室付近ではないかと
考えられます。
お風呂の横に備え付けられているボイラーから異音が聞こえたという
情報もありますし、
当日宿泊していたお客さんは、お風呂のお湯がいつもより熱くて
おかしいなと感じたという人もいたそうです。

参考:金先物

座敷わらしを見ると成功をすると言い伝えられている事から、
非常に人気のある旅館だったのに、消失してしまって
座敷わらしはどこへいってしまったのでしょう?
またどこかの旅館に移り住んでくれているといいのですが・・・。


日本にはいい妖怪がいるんですね。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。