スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

113歳の世界で一番長生きをしている日本男性

もう人間ではないですね。

日本に男性長寿世界一の人がいたなんて知りませんでした。
113歳だったギネスブックにも認定されている田鍋友時さんが
慢性心不全のため宮崎県都城市の自宅で亡くなりました。

田鍋さんは土木技術者をされた後、家業の畜産に携わってきたそうです。
亡くなるまで五男の本時(もとおり)さん夫婦と一緒に暮らしていて、
100歳を超えても新聞を読んだり日記をつけたりしていたそうです。

訃報 男性長寿世界一の田鍋友時さん 113歳
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090619-00000011-maip-soci

世界一長寿でギネスに乗ったとしても、
介護なしでは生きていられない人だっているわけですから、
田鍋さんは本当に良い人生を生きてこられたんだな~って、
とても羨ましく感じます。

田鍋さんによれば長寿の秘訣は「お酒を飲まない事」だそうです。
私の家系は代々酒飲みばかりで、私も毎日晩酌は欠かせません。
という事は短命なのかもしれないですね。

だけど自分の事が自分でできないのに
年を取って周りに迷惑はかけたくないので短命でもいいかなって思いますね。
配偶者にも私が認知症になって徘徊や手がかかるような状態になったら、
迷わず施設へ入れてほしいって言ってあるし。
田鍋さんのような人はごく稀だと思ってしまいます。

溶解ベむj見たになってるんだろう。
スポンサーサイト

テーマ : これってどお??
ジャンル : ブログ

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。