スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語とかどうでもいいから少子化をどうにかしてくれよ

英語なんてしゃべれなくても生きていけるけど。

いよいよ2011年から小学校5、6年生シンプルスモーカーで必須化される英語の授業ですが、
様々な問題点が浮き彫りになってきています。

その中でも去年度に小学校で実施された英語授業のうち、
約7割が外国語指導助手が活用されている事が分かりました。
これは非常に良い事らしいですが、
その反面教員の定着化掃除機ランキングがあまり進まないといった問題点も出てきています。

小学英語、外国人の指導助手巡る問題山積
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090728-00000597-yom-soci


ではどうしてそんなにコロコロ教員が変わるでしょうか?
それは待遇面が大きく影響しているみたいです。
あるALTは通勤時間が長すぎるといって初日から姿を見せなかったそうです。
別のALTは「一身上の都合」で1学期だけの授業を行って
学校へ来なくなったそうです。

こんな状態のまま英語が必須化薬剤師求人されても、
果たして子供たちの為になるのでしょうか?
もう少し日本人の英語教員を育成する方に力を注いだ方が
全然良いような気がしますけど、
そんな風な制度はつくられそうにありませんね。


子供がいない日本に未来はないよ。
スポンサーサイト

テーマ : ごはん日記(写真付き)
ジャンル : 日記

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。