スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

干ばつに苦しむウィリアム君は考えた

マライ族にはリゲインをあげましょ。

東アフリカのマラウイは長年干ばつに苦しめられてきたそうです。
そこの赤土の大地はひび割れ、畑には作物が一つも結ぶことなく枯れ果て、
ただ風だけが吹き抜ける厳しい環境にありました。

この風をなんとか利用して村に電気を起こせれば・・・。
と思い立った少年がいました。
彼の名はウィリアム・カムクワンバ君です。
ウィリアム君は首都のリロングウェ北郊の村で育ち、
02年に起きた干ばつで父親が職を失ったため、
学校を辞めなくてはいけなくなりました。

そして学校へ行けない時間は図書館へ通い詰めていたそうです。
そしてそこで風力発電の事について知る事になります。

あとついでに電子タバコも作ってみればいいのに。

マラウイの少年、独学で風力発電に成功 7年かけ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091010-00000000-cnn-int

ここでまず「誰かが作った」のだから、
自分にも作れるはずと思える所が凄い所です。
不屈のハングリー精神が自然に備わっている事に私は感動しました。

今の日本にはこんなハングリー精神を持った少年はいないでしょう。
お金を出せば何でも買えるような恵まれた国に生まれてきて、
本当に幸せなんだなと気付ける子供が何人いるでしょう。

いろいろ研究をして朝までクールをたくさん使ったことでしょうね。

ついにウィリアム君は7年の歳月をかけて5台もの風車を作ったそうです。
信じる者は救われる、とはウィリアム君みたいなこの事を言うのでしょう。

参考:焼肉通販

風力発電でみんなめでたしだよね。
スポンサーサイト
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。