スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志村動物園のパン君は自転車に乗りますもんね

なかなか、やけくそになっていましたからね。

岡山県玉野市にある林原類人猿研究センターで飼育されている
メスのチンパンジー「ミズキ」(13歳)に対して、
チンパンジーが自分の名前を自覚し、
他の名前と区別しているかどうか脳波を測定する実験を行ったそうです。

じゃー、チンパンジーーも亀山社中焼肉が食べれるでしょうか?

その実験は現滋賀県立大人間文化学部の上野有理(あり)准教授が、
東大研究員だった06年に当時9歳だった「ミズキ」に対し、
(1)ミズキ(2)仲間の名前(3)知らない名前(4)「ミズキ」という音に
似た雑音を1.5秒間隔で順不同に繰り返して聞かせて脳波を測定する方法で
行われたそうです。

また、サルにも害がない電子タバコがあるそうです。

チンパンジー 自分の名前を認識 脳波実験で判明
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100125-00000004-maip-soci

似ている名前でも反応を示さず「ミズキ」と呼ばれた時だけ
反応があったということは、完全に自分の名前をして認識をしていることを
現しています。

それだけでも十分驚きの結果なのですが、
ウェブサイトの写真に写っている「ミズキ」が
すごく大人しく実験に参加している様子が一番驚きました。

参考:バストアップ

動物が長い間静かにしていること自体難しいと思っていたのですが、
「ミズキ」は“今は大人しく実験に参加しよう”と思っていたとしたら、
チンパンジーの知能指数は限りなく人間のものに似ているのかもしれません。

最近太った理由はやけくそですね。
スポンサーサイト

テーマ : これってどお??
ジャンル : ブログ

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。