スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんの新情報(ゲノム解析)

新しい医療技術の情報です。

日本など10カ国の研究機関で構成する
「国際がんゲノムコンソーシアム(ICGC)」は15日未明、
肝臓がん、膵臓がんと乳がんについて、原因となる
可能性がある全遺伝情報(ゲノム)の変異データを
ホームページで公開したそうです。

肝臓、膵臓、乳がんの変異公開=ゲノム解析で新治療法期待-国際チーム
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000011-jij-soci

これだけ医学が進歩しても尚、癌の標準的治療が手術or
抗がん剤or放射線、というのがなんとも歯がゆいですね。
抗がん剤って、細胞毒ですから、新たな癌の発症を促す
原因にもなりかねないと聞きます。
しかしそれしか選択肢がない、となれば患者は
受けてしまうのでしょう。
わたしだったら受けませんが。(きっぱり)

マルコで健康を維持しましょう。



肝臓は日本、膵臓はオーストラリアとカナダ、
乳がんは英国が担当、新たな予防・診断法や治療法の
開発に役立つと期待されているとか。
そういえば遺伝子治療、なんていうのも以前行われたようですが、
まだ一般的な治療となるには時間がかかりそうみたいですね。

がんは、遺伝子やその関連領域に変異が生じ、細胞が無秩序に
増殖する現象と考えられており、がんの種類に応じ、
特有の変異が次々に発見されているとのこと、
今後は2人に1人が癌で死ぬ時代、と言われていますから、
根本から治療できるようになることを期待しています。

医療系でがんばってみたいと思うので、埼玉 看護師 求人を参考にしてみたい。

参考:看護師求人


人間の病気はまだまだ未解明なものがあくさん。
もっとたくさんわかるといいです。
スポンサーサイト
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。