スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家公務員のボーナス減、しゃーないよね

日本は公務員が多すぎると思いませんか?

だってひどい話ですが、正社員でもボーナスもらっていないか、
あってもスズメの涙ほど、って会社いっぱいあるようですよ!
わたしが以前勤めていた会社は堅調だったのでけっこう
ボーナスはいい方でしたが、薬局事務など個人経営の会社に
勤務していると有休使うと月給から差し引かれたりと、
めちゃくちゃなことをしているケースもあるようです。
現に周りにそういう人いますから。

民間では、昨年冬のボーナス支給額が前年を大幅に下回っており、
今夏は昨夏よりプラスとなることを加味しても、
年間4.0カ月の水準には満たない見通しとのこと、
それで税金で食べている公務員がそれよりボーナス多くもらっていたら、
大きい顔は出来ませんよね・・・この引き下げ方針は
至極当然かと思います。

徳島県の素朴な魅力を日々お伝え♪しますが、公務員はたくさんです。


それに引き換え、税金で安定した収入を得られている
公務員及び国会議員の方たちは優遇されすぎではないでしょうか、
この財政赤字だというのに何億もかけて議員会館を新しく作るわ・・・
はぁ?と首をかしげることばかり。

毎日残業のないひとりごとブログの管理人です。

ボーナス、4カ月割れへ=国家公務員、47年ぶり低水準―人事院
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100722-00000112-jij-pol

給料もFX業者マニアだったらいいのにね。

人事院は22日、8月初旬に行う2010年の国家公務員給与改定勧告で、
期末・勤勉手当(ボーナス)を現行の年間4.15カ月から
引き下げる方針を固めたそうです。
支給月数は1963年(3.9カ月)以来、47年ぶりに4カ月割れとなる見通しで、
月給も公務員の給与水準が民間をわずかに上回っているもようで、
月給、ボーナスともに2年連続のマイナス改定となる公算だとか。

しかたがないですよね、日本は赤字なんだから
スポンサーサイト
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。